教育ローンと奨学金の違いとは

教育ローンとは一般的に子どもの教育にかかる様々な費用を銀行信販会社などの金融機関から借りてまかなうというものです。

親が学費を工面できないという人にとってはありがたいサービスといえます。

教育ローンとよく似たものに奨学金があります。これは何かというと、国や専門の機関、あるいは学校などが実施するもので学費を安くしたり毎月の生活費を補助してくれるというようなものです。

というのも、学費や学生本人の生活費は非常に大事なものですが、自分では工面できないという人のために実施されていることが多いものです。

これは本人名義で借り、本人が返済することが多いでしょう。
この2つのお金の融資は教育のためにということで非常によく似ているのですが、さまざまな面で微妙に違いが出てきています。

では、それらの違いとは一体何でしょうか。また、どのように活用すればいいのでしょうか。

奨学金は実施している所によっても違う

まず、それぞれ実施しているところが違うということです。

奨学金の場合、有名なのは日本学生支援機構というところで毎月一定額を振り込んでもらえるというものです。

この一定額は生活費にも使えますし、ためておいて翌年の学校費用に当てることも可能です。また、それ以外にも修学旅行として使うこともできれば、様々な学校に関することや生徒の学生生活のために使うことができるようになっています。

それ以外にも国が実施している奨学金制度もあれば、地方や都道府県が実施しているものもあります。この場合でも一定額を毎月借りられるというものもあれば一定額を入学時や進学時などにまとめて借りられるという風になっており、いろいろな制度があります。

また、企業が実施している融資制度もあります。

中には学校が実施していることもあり、この場合は学費の減免という形で行われます。学費を支払う分が減り、非常にありがたい制度といえるでしょう。

学費の減免に関しては特に返済の義務が発生しないということもあり、非常に嬉しいものです。

一方、教育ローンを実施しているのは主に銀行や信販会社などであり、基本的に借りて返済するものだという考え方が主流です。

教育ローンは借金、必ず返済する必要がある

もう一つは返済の義務が必ずあるかどうかということです。
実は奨学金制度の中には、返済をしなくてもいいようにする奨学金免除制度というのがいくつかあります。

そのひとつは特定の仕事に就く人のためのもので、これは働きながら返済したり、一定期間その学校で学習した内容を活用して就業することにより返済を免除するというものです。

この場合は特に医療系の仕事に多く、看護や様々な技術を活かして働ける人が一定の条件を満たしながら働いたりすることで免除されます。

また、奨学金を実施している団体の中には、特定の職業についたり、本人が死亡したり重度の障害を得た場合には返済義務を免除する、としているものもあります。

これはそれぞれの制度にもよりますが、融資の際に減免措置として行われていることが多く、説明のしおりなどにもしっかりと書かれています。このため、仮に返済義務があっても相続して返済する必要があるわけではないのです。

もし不幸なことになってしまったのなら、その実施・運営する期間に相談してみるといいでしょう。

一方、教育ローンは必ず返済しなくてはなりませんし、融資を受けたのならその金額は相続して親や子供が返済する必要がでて来ます。特に教育ローンに免除制度はありませんので、そこが違いといえば違いになるでしょう。

融資のやり方や審査の基準などもそれぞれ違う

ちなみに、教育ローンはその申込をした人の収入や審査の際の収入などが結構大事なポイントになります。

これは奨学金でも同じなのですが、ある程度は収入がないと借りられないのが教育ローンであり、収入がない学生に対しても借りられるのが奨学金となっています。

奨学金の場合はなぜお金を借りるのか、というようなことも審査の対象となり、その結果によって借入金額や審査の通りやすさなども違うことがあります。

一方、教育ローンの場合は全く返済が見込めない人に対しては融資を行うことはそうありません。審査を行い、これまでの借り入れ実績や返済実績、信用情報などが悪い場合は借りられないことも珍しくはないのです。

また、お金をよそから借りすぎているような場合もこれに含まれるのです。

ちなみに返済について融通がききやすいのも奨学金です。というのも、教育ローンは一度返済を始めたら減免や返済を待ってくれる制度はそうありませんが、奨学金を行っている団体の中にはこういった待ってくれる制度を取り入れて、無理なく返済できるように配慮してくれているところもあります。このため、もし収入が少なかったり失職してしまった時の大変さもだいぶ違ってきます。